スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨナグニサンの羽化

ヨナグニサンの羽化DSCN8840.jpg

DSCN8841.jpg

DSCN8871.jpg

DSCN8854.jpg

DSCN8911.jpg

DSCN8915.jpg

DSCN8918.jpg
ひと際大きな♀が羽化しました。8月16日

野外でも交尾しているヨナグニサンを目撃
DSCN8960.jpg
左が♂ 帆安 8月17日
今年のヨナグニサンの発生は第1化が3月下旬から4月中旬にかけて
越冬していた繭から発生しました。第2化の発生は大きく2つに分かれ、
まず初めに6月中旬から7月中旬に見られました。
しかし、その時の繭はすべ発生せずたくさん残り8月10日ごろから
下旬にかけて2回目の第2化が始まっています。


孵化したての幼虫がハエトリグモの仲間に
捕食されています。

DSCN8955.jpg

DSCN8953.jpg
産卵されたのは約10日前、この葉には5卵産み付けられ
みんな孵化していました。しかし、せっかく孵化しても天敵が
持って行ったのか2匹だけしか残っていません。しかし・・・。
帆安 8月17日


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。